子どものワキガ治療

子どものワキガ治療はどれを選ぶ?【親子でニオイ対策】

子どものワキガ治療はどんな方法があるのでしょうか?

 

娘が10歳(小学校4年生)なんですが、洗濯物からワキガのニオイを感じたので、親としてできるワキガ治療について調べてみました。

 

 

子供のワキガ手術について

 

子供は、10-12歳頃の第二次性徴とともに、わきがの原因であるアポクリン腺が急速に発達します。

 

成長期の子供が手術をしても、アポクリン汗腺が成長して再発する可能性が高いんです。

 

手術は、最低でもお子さんが高校生になってからがいいでしょう。

 

外科的措置

 

手術ではなくても、外賀的措置、つまりボトックス注射などで汗を抑えrことは可能です。

 

汗を抑えればニオイも減りますので、一時的ですが効果はあります。

 

定期的にボトックス注射を打つというのも一つの選択肢ですね。

 

食生活の改善

 

食生活の改善なんて気休めでしょ?という方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、動物性タンパク質、つまり肉はアポクリン汗腺を活性化させます。

 

食生活の欧米化により、アポクリン汗腺は昔に比べて大きくなっているというデータもあるほどです。

 

それに、欧米人にワキガの人が多いのは、肉食中心の食生活のせいだと言う人もいます。

 

つまり、魚と野菜中心の食生活(和食)にすれば、子供のワキガのニオイが強くならない可能性もある訳です。

 

私も食生活をなるべく栄養バランスの良いものに改善しています。

 

 

自宅でのワキガケアをしっかり行う

 

子供でも使える優しい成分のワキガ対策クリームを使いましょう。

 

私が娘と使っているのはクリアネオです。

 

 

クリアネオは、朝と夜に塗るだけで臭いを抑えてくれます。

 

娘にニオイケアについて説明して、お風呂上りなどに一緒に塗るようにしています。

 

 

毎日の習慣にすると、かなりニオイが抑えられます。

 

学校で汗をかいた時のケアは、消臭スプレーが便利です。

 

 

クリアネオの定期便についている衣類消臭スプレーなら、サッとニオイを抑えられるので娘も愛用しています。

 

親として娘のワキガ治療でできること

 

娘がワキガだと知った時、あなたはどうしますか?

 

学校でいじめられないか、つらい思いをしないか、重度だったらどうしよう、など心配は尽きません。

 

でも、そんな時こそ冷静になりましょう。

 

今できるワキガ対策をするしかありません。

 

実行しやすいワキガ治療は、医薬部外品クリームを塗ることです。

 

今は昔と違ってワキガ対策クリームもクリアネオのようないい商品が発売されています。

 

実は、私は使ってみるまでは半信半疑でしたが、塗っているうちに娘のニオイもかなり抑えられました。

 

同じように子供さんのワキガ臭に悩んでいる方は、ぜひ試して欲しいですね。

 

 

娘のクリアネオレビューをチェックする方はこちら>>

page top