ワキガに効く 食べ物

ワキガに効く食べ物【食生活からワキガ改善】

ワキガと食べ物って実は深く関係しています。

 

中には、「ワキガは生まれつきの体質だから、食生活とワキガは関係はない」と思う人もいますよね。

 

実際、ワキガになるかどうかはアポクリン腺の数や大きさによって決まるものです。

 

でも、アポクリン腺の数が多くても、食生活でニオイを抑えることは可能です。

 

つまり、食生活を改善して「ワキガのニオイを抑えられた!」と感じるケースも珍しくありません。

 

ワキガ臭を強くする食べ物

 

肉類・乳製品などの動物性たんぱく質や脂質を多く摂取すると、アポクリン腺の働きが活発になり、汗の分泌量が増えてワキガ臭も強くなります。

 

 

さらに、肉類や油分の多い食事は皮脂の分泌も活発化させてしまうんです。

 

皮脂は酸化したり細菌に分解されたりすることで、皮脂臭を発します。

 

つまり、ワキガ体質の人でなくても、皮脂の分泌が過剰になると体臭が悪化してしまうのです。

 

これがワキガ臭と混ざり合うと、より一層ニオイが強くなってしまいます。

 

ニオイの強い食べ物はNG

 

動物性たんぱく質の他にも、

 

  • にんにく
  • たまねぎ
  • ニラ
  • 香辛料を多く使った刺激の強い食べ物
  • 添加物の多いインスタント食品

 

などはワキガを悪化させると言われています。

 

お酒・タバコはワキガにも悪影響

 

アルコール類やタバコも、ワキガ臭を悪化させる大きな要因となります。

 

アルコール

 

発汗作用

 

お酒を飲むと暑くなって汗がにじみ出てくる、という経験のある方は多いですよね。

 

この時、エクリン腺だけでなくアポクリン腺も刺激されて汗が分泌されます。

 

体内で分解されるとニオイの強い物質にかわる

 

このニオイ物質は汗を通して体外に放出されます。

 

この2つのはたらきの相乗効果により、アルコールはワキガ臭を悪化させてしまうのです。

 

タバコ

 

タバコも同様に、アポクリン腺を刺激して汗の分泌を増やすだけでなく、ニオイそのものも強くすると考えられています。

 

ニオイのためにも、お酒やタバコはほどほどに控えた方が良いでしょう。

 

ワキガを軽減させる食べ物

 

基本は、魚介類や野菜を中心とした和食がおすすめです。

 

動物性のたんぱく質はワキガ臭を悪化させてしまいますが、全く食べないという訳にもいきません。

 

動物性たんぱく質を摂るなら、肉類よりも脂肪分の少ない魚介類が良いでしょう。

 

おすすめは、野菜や魚介類を中心とした、和食の献立です。

 

和食をメインにした食生活を心掛けてみるだけでも、ワキガ臭が軽減することを実感できる可能性があります。

 

抗酸化作用のあるビタミンA,C,E

 

ビタミンACE(エース)とも呼ばれるこれら3つのビタミンは、強い抗酸化作用を持っています。

 

体内の活性酸素を取り除くはたらきがあることで知られています。

 

活性酸素はワキガ臭・体臭を強くしてしまう原因でもあり、これを除去することで、ワキガ臭を抑える効果が期待できます。

 

  • ビタミンAは魚類や緑黄色野菜
  • ビタミンCは果物や芋類
  • ビタミンEはナッツ類や魚卵

 

などに多く含まれています。

 

これら3つのビタミンは、一緒に摂取するとお互いが助け合うように作用し、効果がアップするという性質を持っています。

 

食事の中でうまく組み合わせて摂ることをおすすめします。

 

体内をアルカリ性に保つ食品

 

体内をアルカリ性に保ってニオイを抑える食品も積極的に摂りましょう。

 

  • 梅干し
  • きのこ
  • めかぶ
  • 茶カテキン

 

など、ワキガ臭や体臭の軽減に効果があると言われています。

 

食生活や生活習慣を改善しながら、ニオイ対策するには?

 

食生活を改善したり、体を動かして汗をかくなど、生活習慣の改善は必要です。

 

毎日の積み重ねをコツコツしながら、ワキを清潔にして、ニオイケアクリームで汗と雑菌の繁殖を抑えて、しっかりケアすることを習慣にしましょう。

 

私が使っているニオイ対策クリームはクリアネオです。

 

 

なぜかというと、有効成分がしっかり配合された効果のある臭い対策クリームだから。

 

お風呂あがりの清潔なワキに塗ると、スーッとした感じが長持ちします。

 

そして、朝起きてもニオイが少ない気がするんです。

 

朝もクリアネオを塗ると、一日ニオイが気になりません。

 

食生活とクリアネオの毎日の地道なケアが大切なんですね。

 

page top