ワキガ ホルモン バランス

ワキガとホルモンバランスの意外な関係【ニオイはどうなる?】

男性には男性ホルモン「テストステロン」、女性には女性ホルモン「エストロゲン・プロゲステロン」がそれぞれ分泌されています。

 

この性ホルモンはアポクリン腺の活動を促進するので、ワキガのニオイに影響すると言われています。

 

だからホルモンの分泌が盛んになる第2次成長期から、ワキガのニオイが出始めるんですね。

 

ワキガのニオイが最も強くなるのはいつ?

 

ワキガがもっとも活発に現れるのは、ホルモンの活動が活発になる10代から30代のうちであると言われています。

 

この頃のアポクリン汗腺は、イクラの大きさにまで成長します。

 

40代以降は男性・女性ともに更年期に入るため、体のホルモンバランスが変化していきます。

 

ただし、ワキガは体質であるため、40代以降も体臭が取れずに悩んでいる方も少なくありません。

 

少なくとも性ホルモンは年齢とともに活動量が低下し、アポクリン腺への影響も少なくなっていきます。

 

更年期に悪臭が?これってすそわきが?

 

〈おりもの〉って、若い頃のほうが出ていましたよね。

 

おりものとは、膣内で女性ホルモンにより作られる扁平上皮が剥がれてくるものです。

 

閉経して女性ホルモンが減少すると扁平上皮が作られなくなります。

 

すると、デーデルライン桿菌も同時に減るので、自浄作用が弱まり、雑菌が繁殖しやすくなってニオイの原因になります。

 

つまり、更年期障害や閉経によるホルモンバランスの乱れが、デリケートゾーンの悪臭につながるんですね。

 

悪臭ですが、「すそわきが」とは違います。

 

この他、出産後も悪臭がしやすくなります。

 

ホルモンバランスによる悪臭への対処法

 

ホルモンバランスによるワキガのニオイの変化、デリケートゾーンの臭いについて見てきました。

 

これらに対策はあるのでしょうか?

 

ニオイがするからといってすぐにクリニックに行ったりする人はあまりいませんよね。

 

まずは自宅でケアしようと考えるのが普通です。

 

私も自宅で医薬部外品のクリームを塗ってケアしています。

 

オススメなのはクリアネオです。

 

 

医薬部外品クリームなので、有効成分が汗と菌を抑えます。

 

ドラッグストアで売っている制汗剤が、スプレーなどで一時的に肌を乾燥させるだけなのに対して、有効成分が配合されているのでオススメですね。

 

クリアネオのレビューをチェックする方はこちら>>

page top