ワキガ 多汗症 薬

ワキガや多汗症の薬【処方薬と市販薬】効果があるのはどっち?

ワキガでや多汗症の薬はどんなものがあるのでしょう?

 

このページでは、クリニックで処方される薬と、市販されている薬をまとめてみました。

 

ワキガや多汗症で悩んでいる方に参考にしていただけたら嬉しいです。

 

クリニックで処方される薬

 

クリニックで処方されるのは次のような薬です。

 

塩化アルミニウム溶液

 

多汗症治療の外用薬として用いられます。

 

塩化アルミニウムはエクリン汗腺周辺に炎症を起こし、汗腺導管部を閉塞させます。

 

ですから制汗作用があるんですね。

 

持続期間が短いので、毎日塗布を続けることで効果が現われます。

 

効果はあるのですが、赤みやかゆみなどの刺激を感じる人もいます。

 

処方される塩化アルミニウムは濃度が高いのが特徴です。

 

内服薬

 

抗コリン薬や漢方薬などがあります。

 

外用薬や注射薬と異なり、脇汗だけではなく広い範囲に効果があることが特徴です。

 

市販されている薬

 

市販で買える外用薬(医薬部外品クリーム)などもワキガや多汗症の対策として効果が見込めます。

 

ただし、ドラッグストアに売っている制汗剤は、スプレーなどで一時的に乾燥させて脇をサラサラにするだけなので、根本的な解決にはなりません。

 

医薬部外品のクリームの方が効果があり、一番よかったのはリアネオで、今もリピートしています。

 

page top